自給自足の時代がやってくる!

「自給自足の時代がやってくる!」

皆さんは、どこまで危機感を感じているでしょうか。
07’~08’の年末年始は、本当にたくさんの環境番組が放映されていました。温暖化による動植物の危機、人間の危機、地球の危機、様々な問題提起がされていました。
どこまで身近に感じ取れたでしょうか。「100年後は、極地の氷が無くなる」とか「50年後は、長野でみかんが作れる」など、だいぶ先のことと思っている人も多いかと思います。

が、事、燃料問題に考えを及ぼしたとき、間近な危機が迫っているのです。化石燃料があと40年で枯渇すると言われています。
と言うことは、原油価格はこのまま上がり続けます。
すると、あと10年20年もすれば、ガソリン車は裕福な人しか乗れないものとなり鉄屑の山が出来上がることでしょう。
バイオエタノールや燃料電池など新技術で賄おうと人類は必死ですが、間に合うことは無いでしょう。

現代社会から燃料がなくなることを想像してみてください。流通が止まり、自給率の低い日本はすぐに飢えてしまいます。
今から自給自足の備えをしていないと生き残ることが出来ないように思います。
まあ、人間のことですから、色々考え出すとは思いますが・・・。
あと20年で、あなたは、何歳でしょう?あなたの子供は何歳でしょう。

奥原正司

Posted in コラム信州