競争!

競争!

建設業は、大変な事になっております。
建設業以外の方でも、長野県発注工事の入札方式の変更は何かしら耳に届いていることとは思いますが、先日発表された平均落札率は、建設工事で、全県72.3% 松本建設事務所78.0%です。このような状態で、今まで通りの体制でいられるわけが無く、建設各社は、給料の減額、人員の削減など、様々な対応を強いられ虫の息です。

今後、18年度までの4年間で失われる雇用が6,400人とも20,000人とも言われています。田中県政の捕らえ所のない人まね運転を黙って見ているしかないのでしょうか。この方法で無駄な公共事業がなくなるのでしょうか???

奥原正司

Posted in コラム信州